水道水には戻れない!そのまま飲んでも料理に使ってもおいしいミネラルウォーターの基礎知識まとめ

当サイトは水道水には戻れなくなる可能性がある、そのまま飲んでも料理に使ってもおいしいミネラルウォーターの基礎知識をまとめて紹介しています。
毎日の生活においしい水を取り入れたい場合におすすめです。
地下水に成分の調整を施して作られているのがミネラル水です。
原水をろ過したり殺菌したりして作っています。
ミネラル水に含まれている成分に関しても詳しく解説していますので参考になるでしょう。

水道水には戻れない!そのまま飲んでも料理に使ってもおいしいミネラルウォーターの基礎知識まとめ

近年見聞きする機会の多いミネラルウォーターにはどのような種類があるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
水を原料としている清涼飲料水には、地下水にろ過や加熱殺菌だけをしたナチュラルウォーターやそれにミネラル分が入ったナチュラルミネラルウォーターがあります。
他に紫外線やオゾンで殺菌したり、ミネラルの調整をして作るミネラルウォーターもあります。
さらにボトルドウォーターに分類されるものもあり、これは処理方法に決まりがありません。

ミネラル成分を効率的に取り入れるミネラルウォーターの飲み方

カルシウムにマグネシウム、カリウムにナトリウムという4大ミネラルが含まれるのが一般に販売されているミネラルウォーターです。
豊富なミネラル成分を効率的に取り入れるために、ミネラルウォーターの飲み方で飲むようにします。
いくら体に良いとはいえ、1回で大量を飲んであとは口にしないではあまり効果的とは言えません。
1日にわたりこまめに少量ずつ飲むのがポイントであり、飲むタイミングも大事です。
喉が渇いてから水分補給をする人は少なくないものの、喉が渇く前に少しずつ口にするようにします。
少量をちょこちょこ飲むのがいいのは、そのほうが体内へのミネラル成分吸収率も上がるためです。
一気に入れると、せっかくの良い成分も過剰で流れ出ていってしまいます。
1日当たりでコップ1杯程度の量を、6回から8回くらいに分けて飲むのが目安です。
朝起きたらコップ1杯の水を飲み、朝ごはんやランチ、夕食時にも飲み、お風呂前後にも飲んで日中ののどを潤したい時にも口にします。

ミネラルウォーターのミネラルとはどんな成分なのか

近年、ミネラルウォーターを購入する人が増えてきました。
しかし、入っている成分は分からないという人も多いのではないでしょうか。
ここでは、ミネラルウォーターに含まれるミネラルの成分について解説していきます。
ミネラルウォーターに含まれるミネラルは商品によって違います。
主に含まれているのはナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムです。
他にも、鉄や亜鉛、シリカなどが含まれている物もあります。
また、含有量にも違いがあり、ミネラルがほとんど含まれておらず水道水に近い物もあるのです。
さらに、ミネラルウォーターはカルシウムとマグネシウムの量によって軟水、硬水に分けられます。
カルシウムやマグネシウムの少ない水は軟水と呼ばれており、癖が少ない味が特徴です。
一方、カルシウムが1L当たり120mg以上含まれている水は硬水と呼ばれています。
ミネラルをたくさん摂取したいという人は硬水を飲むという手もあるという事です。

一切の処理を加えないミネラルウォーターの元になるナチュラルウォーター

ミネラルウォーターは、天然の地下水などを採取して作られます。
採取された地下水がそのまま販売されるのではなく、地下水に一定の加工処理をしたものが、ミネラルウォーターとして市販されています。
加工処理をする前の天然水のことをナチュラルウォーターと呼んでいて、ミネラルウォーターとは異なるものとして区別されています。
ナチュラルウォーターは天然水がそのまま成分になっているので、沈殿やろ過などの加工もされていません。
市販されているミネラルウォーターにはオゾン殺菌がされているものもありますが、こうした加工がされていないことも特徴になっています。
紫外線を使用した殺菌もおこなわれておらず、自然のままの状態が保存されています。
成分調整がされていないことも特徴になっていて、市販されている天然水はミネラル成分が調整されていることが多いです。
このような処理を一切おこなっていないため、天然の成分がしっかりと残されています。

ナチュラルミネラルウォーターの基準

ミネラルウォーターとして市販されている商品は数多くありますが、種類自体は4つに分けられているのが特徴です。
種類としてはボトルウォーターの他にミネラルウォーターがあり、ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターに分けられます。
ナチュラルミネラルウォーターは人気のある種類の1つですが、基準もあるので理解しておく事がポイントの1つです。
取水自体は特定の源泉からになり、採取した水自体に特定の処理以外を施さないという点があります。
取水した水自体は加熱処理の他、ろ過と沈殿処理以外の処理をしないのが特徴です。
源泉から種類する時点からミネラルが多く溶け込んでいるというのも特徴であり、より栄養豊富な水といえます。
基準には源泉から取水した後の処理方法と、源泉の時点で含まれている栄養分の違いがあります。
複数の種類があるからこそ違いをしっかり把握した上で、より自分が希望するタイプを選ぶことが重要といえます。

筆者:結城美緒

筆者プロフィール

静岡県浜松市生まれ。
美容のためにも普段からミネラルウォーターをたくさん飲むことを心がけています。
浜松市 ミネラルウォーター