地下水に成分の調整を施したミネラルウォーター

地下水に成分の調整を施したミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、天然の地下水に成分の調整を施したものです。
成分が調節されることが多いのは、水の中に含まれているミネラルです。
ミネラルは水の味を決める重要な要素となっているので、商品として販売される前に調節されています。
ミネラルが少なめに調節されたものは軟水と呼ばれていて、カルシウムやマグネシウムの濃度が1リットルあたり100ミリグラム程度です。
このタイプのミネラルウォーターの特徴は、喉ごしが良いことです。
大量の水を一度に飲みたい時にも飲みやすくなっています。
その反対に、ミネラルが多めに調整されたものは硬水と呼ばれています。
硬水は、1リットルあたり300ミリグラム程度のカルシウムやマグネシウムが含まれているのが特徴です。
硬水はミネラルを多く含んでいるので、飲んだ時の味わいも独自のものがあります。
人によっては硬水独自の味を好む人もいれば、苦手な人もいるので好みが分かれています。
日本で多く飲まれているのは軟水です。

ミネラルウォーターはブレンドの処理がされている

大きく分けると4つの種類がある中で、地下水を採水して安定品質にするために、様々な処理をするのが一般的にミネラルウォーターと呼ばれるものです。
沈殿やろ過に加熱殺菌を行うこともありますし、紫外線殺菌を行いオゾン殺菌をしてミネラル成分調整と共にブレンドの処理までしています。
天然水と言われないのは、含有成分の調整をしているためです。
ミネラル成分溶解があまりされていないのはナチュラルウォーター、特定水源採水の地下水を用いており、加熱殺菌に沈殿やろ過以外は処理をしていません。
ミネラル成分溶解し地下水が原水となるのがナチュラルミネラルウォーター、一定の基準をパスしたら記載される呼び方です。
処理方法に決まりがないのはボトルドウォーター、河川のお水や飲用のお水に水道水なども含まれます。
水だけを主な原料にしてつくられる清涼飲料水が、ミネラルウォーター類です。
原水として使われる地下水には、浅井戸水や湧水に鉱泉水など種類があります。

筆者:結城美緒

筆者プロフィール

静岡県浜松市生まれ。
美容のためにも普段からミネラルウォーターをたくさん飲むことを心がけています。